こころのゆとり

2018年1月下旬。
日本全土が数年に一度というレベルの大寒波に見舞われ、弘前は氷点下12℃まで達しました。

田園地帯に足を踏み入れると、上の写真のように一面が白一色の世界。
街路樹と車で、地面と空の境界線が辛うじて判別できます。

寒いし暖房費がかさむしスタッドレスタイヤは高いし、あとあれもこれも。

​冬は憂鬱なことばかり。

月並みですが、春が待ち遠しくて仕方がないです。

必要としてくれる方たち

先日、グリップスピナーを発表しました。
想定していた以上の反応をいただき、嬉しい限りです。

ただ、聞きかじった話ではありますが、そういったご家族の方々は日々の業務や介護に追われ、新しい情報を取る時間が極端に少ないそうです。

このグリップスピナーや、これから製作していくスマイルリソースの製品も、おそらく必要と思える方のところまで届かないケースが多いのではないのでしょうか。

今よりももっと多くの方に僕たちの活動に気づいてもらいたいですし、必要と感じる方のお手元に届く機会が増えてほしい。
ですので、この記事を読んでくださっている皆さんのまわりの必要としてくれそうな方々へ、ぜひ教えてあげてください。

スマイルリソースからのお願いです。

冬の桜

冒頭で冬は憂鬱、春が待ち遠しいと述べましたが。

桜の名所、弘前公園で催されている『冬の桜』のライトアップ。
桜の枝や堀の水面に積もった雪を花に見立てて、桜色の照明を当てています。
この企画、本当に素晴らしいです。
冬も見捨てたもんじゃないと、そう思えました。

雪解け前にはと進めている製品もあります。
​引き続き、頑張っていきます!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2018 スマイルリソース

テーマの著者 Anders Norén