ぱわーあっぷ

先日、奥さんへの感謝の気持ちを込めてスイーツを作りました。
イチゴとキウイのタルトです。
クリームチーズを入れてややさっぱりめに。
でも、フルーツの酸味に合わせてカスタードが良かったかも。

娘たちがハイエナのように貪って奥さんの口にはほとんど入らず(笑)
今度はカスタードベースでリベンジです!

作業完了!

前回の記事で増設スイッチの断線を直したエルモ。
要望のあった改造も終わって再始動です!

今回は下からパンしてみました

ズダダダダダダダダダダダダダダダ・・・(ドラムロール

ジャン!

はい、見た目はなにも変わっていません。
ちなみにロケットパンチや火吹き芸、目からレーザー射出は却下されました。
作る技術はあるんですけどね。
ご希望の方はご連絡ください。

改造の詳細ですが、右わきにエルモの声量を可変できるボリュームつまみを追加。
聴力が敏感な子にはやや耳障りだった声量を、調節してあげられるようになりました。
不意につまみに触れてしまって音量が変わってしまわないがためのこの位置。

左に回し切ると製品本来の音量。
右に回し切るとノッチ音がして、そこで無音です。

できないをできるに

様々なおもちゃに対して、今回のような改造が可能です。
たとえばスイッチひとつでも、数千種類の中から選んで仕様に合わせて製作します。

指先で押せないから手のひら全体やヒジで押すようにスイッチを増設巨大化。
スイッチ押下で一回動作だけでなく再度押すまで動き続ける、
押し込んでいる間だけ動作、押さないと止まらないということも可能。
各動作を更に別のスイッチで切り替えることもできます。
学習や訓練の意味合いを込めて、複雑化ということになりますね。

あと、bluetoothで無線のスイッチにすることも。
その場合はスイッチを別途購入せず、スマホをスイッチとして使用する方法もありますよ。

スイッチ以外でも音量調整、動作を緩慢に、音の代わりにLEDを追加して光るように。
などなど、可能な限り要望にお応えします。
お問い合わせお待ちしております!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2018 スマイルリソース

テーマの著者 Anders Norén