ゴールデンレシオ

遊ぶ中でリハビリトレーニングになるおもちゃを作りました。
今回も、要望をいただいての開発製作です。

ペグイン。
盤面に空けた穴に、棒を差し込みます。

本体のサイズ感は手の大きさを参考にしてください。

太さと長さが三段階。
太さは、細い方から順に直径15mm・25mm・40mm。
長さは、短い方から順に

ユースケースとしては、二指でのトレーニングとのこと。
これじゃ細すぎるかな、長すぎるかなと打ち合わせを重ね、最適といえる数値を導き出しました。

盤面には表裏どちらにも穴が空けてあります。
違いは、穴の深さ。

深い方は差し込めさえすれば自立は容易。
浅い方はバランスに考慮が必要で、慎重さがより求められます。
指の可動や気分で、裏表を自由に切り替えて遊んでください。

唐突に数字のお話しですが、比率1:1.618。
黄金比といわれるこの要素は、対比するものの長さがその比率に近ければ近いほど本能的に心地の良く感じると言われているバランスです。

アップルのロゴも黄金比からできているというのも有名な話ですよね。


出典:SOHO-College

ペグインの各寸法は黄金比から割り出しています。
一目見た瞬間に良さを実感するものではありませんが、深層心理で感じるものがあるはず。
盤面の縦と横、角の丸み。
穴と棒の直径。
棒の長さ。
取り入れられる箇所には全て採用しています。
トレーニングはつらい場合も多いです。
スマイルリソースなりに、少しでもストレスが軽減できればと考えた結果です。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2018 スマイルリソース

テーマの著者 Anders Norén